PTAの不公平 仕事しない人への対処法と役員の人間関係悪化を防ぐには?

PTAでは不公平なことが多くありますよね。

私はPTA本部の役員をしていますが、

私って、他の人より仕事多くない!?と感じることも・・・

実際には、それぞれの担当の仕事を、全ては把握していないので、

よく分からないのですが・・

でも、どう見ても、仕事が少なく感じる人っています。

同じ保護者だし、ボランティアだし、どうしても不平等な気がしてしまいますよね・・・

そして、このように不公平感を感じると、

PTA役員のなかでの人間関係が悪化してしまいます。

人間関係の悪化・・・PTAをしていて、一番避けたいことですよね。

そこで、

PTAの不公平について

仕事をしない人への対処法

役員のなかでの人間関係の悪化を防ぐには?

について、経験をもとにお話します。

スポンサーリンク

PTAの不公平

PTAでは、不公平な事が多いですよね。

役員決めでの不公平。

PTAの仕事での不平等。

多少のことは、しょうがないにしても、

理不尽に感じてしまうこともあります。

私は、PTA本部の役員をしていますが、まだ役員になって半年ほどなので、

他の人の仕事の様子がわからず、

私って、他の人より仕事が多いんじゃないか、と感じていました。

PTAの仕事って、その月によって、忙しさが全然違うので、一年通して仕事をしてみないと、仕事の量が分からないので、何とも言えないんですけどね・・・

それでも、PTA本部の先輩の話などを聞くと、

あれ?私って仕事多いよね、少なくとも、あの担当の人よりは確実に多い・・

と気づいてしまいます。

仕事をしていたり、下の子がいたり、それぞれに事情が違うので、

PTAの仕事量に違いがあっても当然のことなのですが、

あまりに差があると、不公平感を感じてしまいます。

PTA全体の仕事量が少なかったら、それぞれの人の仕事量に差があっても、それほど気にならないんですけどね・・・

意外とPTAの仕事って多いんです。

それにストレスがたまることも多い。

頑張って仕事をしても、文句を言われることもある。

だから、仕事すればするほど、嫌な思いをする事も多いです。

そしてその分、明らかに仕事が少ない人を見ると、不公平だな、と感じるんですよね。

どれだけ仕事をしようが、「役員を一年やった」という結果は一緒ですしね。

PTAの不公平 仕事しない人への対処法

私のいるPTA本部では、仕事を全くしない人はさすがにいません。

でも仕事が少ない人、欠席が多い人はいます。

ではその人は、仕事をする気がないのか、というとそうでもないんですよね。

「仕事ができない事情」があって、しょうがない面も多々あります。

ただ、欠席が多い分、PTA本部で話題になっている事を知らなくて、

全員での話し合いの時にもずっと黙っていたり、発言内容が少し違っていたり・・・

だから、仕事量も少ないのに、参加した時も積極性がない印象になってしまうんですよね。

このような場合は、その人の事情に合わせて、仕事を振ると良いと思います。

仕事量が少ない人も、やる気がないわけではないので、

できる仕事を振ってもらった方が、かえって気が楽なんじゃないかと思います。

そして、まわりの人も、自分の仕事量が減るので、不公平感がなくなると思います。

「やる気はあるのに、事情があって仕事ができな人がいる」

このような場合は、まわりの配慮で不公平感が減るから良いですよね。

でも、問題は、

「やる気が全くなくて、仕事をしない人がいる」場合ですよね。

私はまだ経験が浅いのでわかっていないのですが、

PTA本部の先輩の方が、役員でも(本部以外の)、保護者の人でも、何を言っても、何も仕事をしない人がいる、と。

そのような人には、こちらから、どれだけアクションをしても、

結局は無駄になる、

とおっしゃってました。

一部の人だけ仕事をしないのは、不公平なので、

ペナルティを与える。

しかしそのペナルティもしない人がいる。

そうすると、

「仕事しない人にどんなペナルティを与えるか」

「ペナルティをしたかを誰がチェックするか」

など、結局、仕事をしない人の為に、別の人の仕事が増えてしまうんですよね。

しかも、あれこれ考えても、仕事をしない人は、最後まで仕事をしないので、無駄に終わってしまう。

もうそれならいっそのこと、放っておく方が、マシだ、となります。

その人の為に時間を割くくらいなら、その人は仕事をしない人だと、

そういうレッテルを貼られることが、仕事をしない事への罪とすると良いと思います。

何を言っても仕事をしない人は、保護者としては、少し距離を置きたい存在ですので、

自然とペナルティを受ける事になると思います。

何だかこの方法は虚しいですけどね・・・

でも、いろいろ考えると、この方法しかない、と感じます。

スポンサーリンク

PTAの不公平 役員の人間関係悪化を防ぐには?

PTA役員内で、仕事量に差があると、

どうしても人間関係の悪化につながります。

私の場合も、仕事量の違いに不公平感を感じていたので、ストレスを抱えていた時もありました。

でも、

「○○さんって仕事少ないよね?」

なんて言葉にした途端、何となく同じ思いを抱えていた場合、

話が盛り上がってしまい、その話が広がって、

人間関係が悪くなっていくと思います。

でも、これから一緒に仕事をしていく仲間なので、

人間関係が悪くなるのが一番つらいです。

だから私は、同じPTA本部の人には、不公平に思っている事を言わないようにしています。

私自身、人に言ってしまうと、意識してしまうという事もありますが・・・

不公平に思っていることを、言葉にせず、仕事量の違いであれば仕事を振るなどして、具体的に解決すると良いと思います。

人間関係が悪くなってしまうと、仕事量が多いことより大変になると思うので・・・

どれだけ仕事が多くても、不穏な空気のなか仕事をする事より、マシではないかと思います。

○○さんと、○○さんは仲が悪い、

なんてことになると、それはそれで2人が一緒にならないように・・・

と配慮しないといけないので、仕事が増える気がします・・・

人間関係の悪化、

これだけは避けたい。

と私のような気が小さい人間は思います・・

PTAの不公平 仕事しない人への対処法と役員の人間関係悪化を防ぐには?―おわりに―

PTAって不公平の連続ですよね。

そしてストレスの連続・・・

だからこそ、人間関係が良いことって大切だと思います。

仕事が多い事は、大変ですが、人間関係の悪化は、精神的につらい・・・

精神的にしんどい方が、仕事が多いことよりつらいので、

人間関係が悪くならない事を最優先してしまうのかもしれません。

でも、PTAの負担が少なければ、全て解決すると思うんですけどね・・・


★ このブログの順位はコチラ↓応援していただけたら嬉しいです!


人気ブログランキング

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする