子供がYouTubeを見すぎる!悪影響な動画や視力低下からどう守る?

うちの娘は、毎日のようにYouTubeを見ています。
YouTubeが大好きで、見るのを控えるように言うと「人生がつまらない・・」なんて言います。まだ小学2年生なんですけどね・・・

でも改まって、子供がYouTubeを見過ぎるのは、なぜダメなのかを考えると、
・アニメの動画から、暴力的な動画などに変わり、悪影響を受ける(エルサゲート)
・視力が低下する
が思いつきました。

せめて、これらをどうにかしたい!と思い、悪影響を与える動画から子供をどう守るか?視力低下をどう防ぐか?について調べてみました。

スポンサーリンク

子供がYouTubeを見すぎる!

うちの娘は、とにかくYouTubeをよく見ます。5歳頃から見始め、小2の今も毎日見ています。

お気に入りのチャンネルが何個かあって、自分で好きな動画を選んで見ています。
気に入った動画は、何度も見て、何度も楽しんでいます。

暇があればYouTube。
暇がなくてもYouTube。

もう見るの辞めなさい!と言ったら素直に聞きますが、YouTubeがないと生きていけない状態。もうすでに3年ほどこのような感じです。

YouTubeは確かに子供にとってはおもしろいし、メリットもたくさんあると思います。

娘は、YouTubeを見るようになったことをキッカケに、タブレット端末の使い方を覚えました。これから学校の授業でタブレットを使うので、良かったなと思います。

しかしやはり、悪影響を与える動画は気になりますし、視力がわるくなることも防ぎたいです。

子供がYouTubeを見すぎる!悪影響な動画からどう守る?

そこで、まず悪影響を与える動画から、子供をどう守るかを調べてみると、次のような方法があることが分かりました。

・制限付きモードにする

制限付きモードにするのは、とっても簡単です。
YouTubeの「設定」から、制限付きモードを「オン」にするだけです。
(パソコンの場合は、下までスクロールすると、制限付きモードの設定画面が出てきます。)
1分もかからずにできました。
もっと早くやっておけば良かった・・・

制限付きモードを「オン」にすると、

「ユーザーの報告やその他の指標により不適切と判断された内容を含む動画は表示されません。どのフィルタも 100% 正確だとは言えませんが、これで通常ほとんどの不適切なコンテンツは除外できます。」

だそうです。設定を「オン」にすると、このように表示されました。

ただ、こちらはブラウザ(※)ごとに設定が必要です。
ですので、家にある、パソコン・タブレット・スマホは全て制限付きモードをオンにしておくと安心ですね。

※ブラウザとは、WEBサイトを閲覧するのに必要なソフトのこと。Google ChromeやInternet Explorerなど。

そして次の方法は、

・YouTube Kids を使う

YouTube Kids なるものがあるなんて知らなかったです・・・初めからこっちにしておけば良かった・・・

こちらは、ファミリー向けのコンテンツのみを対象をしているようです。
その維持のために「エンジニアリング チームが構築した自動フィルタ、スタッフによる審査、保護者の皆様からのフィードバックを組み合わせ、お子様のオンライン体験を保護することに万全を期しています。」とGoogle Playに記載されています。

ただ完璧なシステムはないので、不適切な動画が表示されてしまう可能性もある、とも書かれていますが、普通のYouTubeより安心して使えますよね。

もっと早く、YouTube Kidsのことを知りたかったです・・・
娘のタブレットにYouTube Kidsをダウンロードしたのですが、「いつもの方が良い」と言って使ってくれませんでした。
いつも見ているチャンネルも見れるのに・・使い慣れている方が良いみたいです。
やはり最初が肝心ですね・・

スポンサーリンク

子供がYouTubeを見すぎる!視力低下からどう守る?

子供がYouTubeをじっと見ていて、心配になるのが「視力低下」です。
視力が低下すると、メガネやコンタクトレンズなど、大変ですよね。

でも、子供がYouTubeを見るからと言って、必ずしも視力が低下するわけではないようです。

視力が低下するのは、「長い時間、同じ距離のものを見続ける」ことが原因のようです。

そこで、YouTubeを見ている娘を見てみると・・・画面をじーっと見つめています。
この状態、「長い時間、同じ距離ものを見続ける=視力低下」じゃない!?

娘がこのままYouTubeを見続けると、確実に視力が低下してしまいそうです。
何か対策はないか?と思い調べると、

・休憩をはさむ
・遠くを見る
・ブルーライトをカットする

というのがありました。

うん、確かにそうですよね。分かっていたのに、娘に注意したのはいつのことやら・・・
もう一度娘に「YouTubeを見ている時は、たまに遠くを見るんだよ。休憩するんだよ。」と言いました。

また、「ブルーライト」ですが、これは、パソコンやスマホ・タブレットの画面から出ている光のことで、体への影響が危惧されています。「ブルーライト」を浴びると、眼精疲労になったり、体内リズムが乱れるようです。

また、夜に「ブルーライト」を浴びると、なかなか眠れなかったり、睡眠の質が低下するようですよ。

・・・だから、娘は夜に寝つきが悪かったんですね。

さっそく、「ブルーライトカットの保護フィルム」を買いました。

子供がYouTubeを見すぎる!悪影響な動画や視力低下からどう守る?―おわりに―

子供には、YouTubeを見るのを控えるように言いましたが、親の私は、ドラマを何時間も見てしまうことがあります。
コレって同じですよね。
娘は「子供はいろんな事を我慢しないといけない」って言っていましたが、
確かに、そういう一面もあるかも・・と思ってしまいました。

私も、ドラマを見るのを控えます・・・


★ このブログの順位はコチラ↓応援していただけたら嬉しいです!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする