ふぉとん(木津川市)の混雑状況と無料プラネタリウム・工作の体験談!

きっづ光科学館「ふぉとん」
入館料・駐車場・プラネタリウム・工作、全て無料です。

小学生の子供を連れて行ったのですが、子供はとても楽しかったようで、親子ともに満足度の高い施設でした!
知り合いにもお勧めしたくなりましたよ。

そんな「ふぉとん」で人気のプラネタリウムと工作。
実際に体験しないと分からない、こまかな情報をお伝えします!

スポンサーリンク

ふぉとん(木津川市)の混雑状況

私と娘が「ふぉとん」に行ったのは、土曜日の13時頃です。
バスで行ったのですが、「梅美台西」のバス停から、徒歩3分ほどで「ふぉとん」に着きました。
バス停から、少しだけ「ふぉとん」が見えていましたよ。

「ふぉとん」に着くと、すぐに駐車場があるのですが、
車はいっぱい止まっていましたが、満車というほどではなく、停めるスペースはあいていました。
ちなみにその日は、いつもより入場者は少なめだったそうです。

入館すると、館内は落ち着いた雰囲気で、混雑はしていなかったです。
「不思議な光の世界」を体験できるコーナーがいくつかありましたが、ほとんど並ぶことなく体験できました。

また「ふぉとん」には、売店や飲食店はありませんが、館外に飲食できるスペース(ルミガーデン)があります。ちなみに、飲食できるのは、ここだけです。
パラソル付きの椅子が5セット、長椅子のみが6~7脚ほどありましたが、混雑時は座れない可能性もあると思います。

でも、自動販売機が1台あり、私が行った時は100円で買えました!(缶コーヒーとオレンジジュース)

私と娘は13時半頃に利用しましたが、パラソル付きの椅子に座ることができました。しかしパラソル付きの椅子は、ほとんど使われていました。

全体的に、程良く人がいて、混雑もしていないし、かといって人がいなくて寂しい、ということもありませんでした。

ふぉとん(木津川市)の無料プラネタリウム

「ふぉとん」では無料でプラネタリウムを見ることができます。
上映は一日3回でした。
上映時間の10分前に、2Fの映像ホール前に行くように受付の方に言われました。
整理券などはないので、早い者順になります。

私と娘が行った時は、15分前に映像ホールに行きましたが、前から3番目に並べました。
全体で40名ほど見に来たようですが、いつもはもう少し多いようで、満席になることもあるそうです。
私と娘が行った時は、空席が20席ほどあったように思います。

ちなみに後ろの席の方が見えやすいそうですよ。

プラネタリウムの上映は30分程でしたが、小2の娘と一緒に行くには程良い内容でした。
私と娘が見たものは、小学3年~4年生で習う内容のものだそうです。

また違うプログラムのものも見に行きたいな~と思いました。
無料で見れるにしては、満足度が高かったです。

ただ子供向けの内容なので、大人だけで行くと物足りないと思います。
そもそもが「きっづ光科学館」なので・・・

スポンサーリンク

ふぉとん(木津川市)の工作の体験談!

「ふぉとん」では無料で工作をすることができます。
こちらは、定員が決まっていて、早い者順になります。
入館してすぐの受付で、申し込みができるので、やりたいものが決まっている場合は、着いてすぐに受付で申し込みしておくと良いです。
娘が申し込んだのは「スライム作り」でしたが、定員は10名でした。

人気のものはすぐに定員に達してしまいそうですね。
友達や兄弟で申し込みする人もいるので・・・

私たちが行った時は、13時に申し込みをしましたが、15時からの工作にすでに5名の人が申し込みしていました。

娘はスライムを作るのが、もともと好きなこともあって、とっても楽しかったようです。
作り方を教えてくれた方は、とても楽しい方だったので、そばで見ていた私も楽しめました。

工作は30分ほどで、難しい内容ではなかったので、小2の娘でも、ほとんど一人でできていました。

ビーカーを使っての作業があったので、理科の実験をしているような気にもなりました~
工作もプラネタリウムと同じで、程良い感じで良かったです!

ふぉとん(木津川市)の混雑状況と無料プラネタリウム・工作の体験談!―おわりに―

「ふぉとん」では、土日祝のみビンゴもおこなっています。
ビンゴが好きな娘には、こちらも楽しかったようです!
子供ってビンゴが好きですよね~

「ふぉとん」には、13時から16時までいましたが、「ふぉとん」でお金を使ったのは、飲み物代の200円だけです。
親にとっては、かなり有難かったです!!
また絶対に行くよ・・・と確信する場所でした。


★ このブログの順位はコチラ↓応援していただけたら嬉しいです!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする