小学2年生 時計が苦手!時刻と時間の違い・何分後と何分前の教え方

小学2年生の娘。

算数が苦手というわけではないのですが、

時計の勉強が、いまいち分かりずらい様子・・・

娘がたまたま時計が苦手なのかな?と思ったのですが、

どうやら、娘のお友達も、みんな時計が苦手のようです。

小学2年生にとって、時計って分かりずらいんですね・・・

そういえば、授業参観で時計の勉強があったのですが、

「時刻と時間の違い」

というのがあり、大人でも、「???」と感じました。

今はデジタル時計が多くて、長針と短針の時計はあまり見慣れてない子供達。

時計の勉強は、意識的にした方が良いのかな~

と感じます。

今回は、

小学2年生の時計の勉強で、つまづきやすいところ と

「時刻と時間の違い」

「何分後と何分前の教え方」

について、経験をもとにお話していきます。

スポンサーリンク

小学2年生 時計が苦手!つまずきやすいところは?

小2の娘は、時計を見て、何時かを答えることはできます。

娘の友達も、それはできる様子です。

そして、

・1時間=60分
・1日=24時間

ということも覚えている子は多いです。

小2の娘とお友達が、なかなか理解が難しいのが

・午後7時20分の20分後は、何時何分ですか?という問題

・午前11時10分から30分前は何時何分ですか?という問題

このような問題があると、

「20分後って、進む?戻る?どっち?」

と聞かれます。

・〇分後→進む
・〇分前→戻る

ということが、なかなか覚えれない子が多いです。

私の想像ですが、「〇分後」の「後」という漢字ですが、「うしろ」とも読むので、「〇分後」というと、時間が「うしろに戻る」イメージがあって覚えにくいのかなと・・・

娘も友達もこの問題が、1番苦手のようです。

また、

・午後2時20分から、午後2時50分までの時間は?という問題

時計があれば、「5,10,15,20・・・」と数えて答えます。でもいつも自信がない様子です。

「50-30= 」という計算問題であれば、すぐに答えることができるんですけどね・・・

そして、

・1時間20分は、何分ですか?

・80分は、何時間何分ですか? という問題

1時間=60分 ということは分かっているのに、この問題がわかりずらいようです。

「60+20= 」という計算問題であれば、すぐに答えれるんですけどね・・・

時計の問題!というだけで、やる気がなくなってしまうのかもしれません。

「今日の宿題は時計のプリントか・・・」

と言って始めるので、考えることが嫌になっているようです。

時刻と時間の違い

時計の問題に、苦手意識を持ったままだと、これから困りますよね・・・

何とか、子供に時計について教えたいと思います。

時計の勉強をするには、まず、

・時刻と時間の違い

について知っておく必要があります。

私が小さい頃、そんなこと習ったかな?と思いますが、

小学2年生の娘たちは、まずそのことから勉強するようです。

時刻と時間の違い、それは

・時刻は、〇時〇分 というもの
・時間は、〇時間 という時刻と時刻の間の時間

う~ん、分かるような、分からないような・・・

私は初めて、娘の参観でこの時計の授業を見た時、

「ん?どういうことだろう?」

と理解するのに少し時間がかかりました。

・時刻は、

午後8時20分、午前9時10分 など、今何時ですか?の答えになるもの。

・時間は、

午後8時20分から午後8時50分までの時間は、何分ですか?の答えになるもの。

算数の問題では、時刻と時間は、区別して出題されているので、子供もそうですが、大人も理解しないといけないです・・・

何問か問題を見ると、私も「時刻と時間の違い」がわかってきました。

娘も「時刻と時間の違い」については、問題を解いていくうちに理解をしていったようでした。

何分後と何分前の教え方

では次に、「何分後」と「何分前」について見ていきます。

なぜか、娘たちは、コレが分かりにくようです。

例えば、午後8時20分の、30分後は、何時何分か?という問題。

このような問題がくると、

「進む?戻る?どっち?」

と聞いてきます。

・〇分後は、進む
・〇分前は、戻る

ということが、どうしても覚えれないようです。

しかし、このことが分かれば、

「何分後」「何分前」の問題は解けるはずです。

ではどのように覚えたら良いか?

娘の場合ですが、結論を言うと、

繰り返し問題を解く

これしかありませんでした。

「〇分後は進む~、〇分前は戻る~」と歌にしたら覚えるかな?

と思ったのですが、とっても覚えにくそうで・・・

やっぱり時間という概念が難しくて、まだまだ感覚的にも分かりずらいようです。

苦手意識も強いので、「時計の勉強」となると、嫌がってしまうので、

今できる事は、身近なところに時計を置いて、時計に慣れることかなと思います。

うちの場合は、娘の腕時計を買いました。

お気に入りの時計を買って「今何時?」と聞くなどして、徐々に時計に慣れるようにしています。

また、リビングにも長針と短針の時計を置いて、「5分後にお手伝いして~」など普段の生活にさりげなく入れようかな・・と思っています。

小学2年生 時計が苦手!時刻と時間の違い・何分後と何分前の教え方―おわりに―

小学2年生にとって、時計って分かりずらいようです。

もう少し大きくなったら、理解がしやすくなるのでしょうか・・・?

あまり時間を意識していないように見える子供達にとって、時刻と時間って、

本当に分かりずらいのかもしれません。

小2の娘と友達が、みんな揃って

午前 30分間

のように回答していて、笑ってしまいました。

「時間に午前も午後もないでしょ!」

と言っても「・・・・」となっていて・・

時計を読むことはできても、時計の概念を勉強するには、まだ少し早いのかも?と思いました。


★ このブログの順位はコチラ↓応援していただけたら嬉しいです!


人気ブログランキング

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする