HSCの育児 音に敏感で怒られるのが嫌いな子への声かけに注意!体験談

私は、子供の頃HSCでした。

音に敏感で、まわりで少し大きな物音がすると、ビクッとしてそちらの方を見てしまいます。

そして、音に敏感なせいか、大きな声の人が苦手で、テレビの音量も人より小さくします。

大きな声や、テレビの音が大きいと、頭が痛くなるんですよね。

また、私はとても怒られるのが嫌いでした。

学校の先生や母親など、大人に怒られると、とっても深く傷ついてしまうので、

できるだけ怒られないように行動をしていました。

そんなビクビクとしながら生活をしていた私ですが、子供の頃に、母親に言われるのが、とっても苦手だった言葉があります。

それは、実は、たった「1文字」の言葉なんです。

それでも、その言葉を聞くのが、とっても辛かったです。

それなのに母親は何回も言うんですよね・・・

HSCだった私のその苦い過去についてのお話をします。

スポンサーリンク

HSCの育児 音に敏感な子

私は、今は小学2年生の娘を育てる母親で、HSPという気質もっています。

そして、子供の頃は、HSCでした。

大人になってから、気づいたのですが、私はどうやら人より音に敏感のようです。

たしかに、子供の頃を振り返ってみると、

まわりで何か物音がすると、必ずそちらの方を見てしまうタイプでした。

そして、騒がしい場所が苦手で、声が大きい人は、何となく苦手だなと思っていたように思います。

音に敏感で、声が大きい人が苦手だったせいか、私は人より、声が小さかったと思います。

でも自分では、あまりその事に気がついていなくて、普通だと思っていました。

HSCの育児 怒られるのが嫌いな子

子供の頃、自分が音に敏感であることには気づいていなかったのですが、

怒られるのが人より苦手だなという自覚はありました。

とにかく、先生やお母さんに怒られるのが嫌で、いつも怒られるような事はしないように気を遣っていました。

そして、褒められるのが好きだったので、怒られないように、むしろ褒められるように、行動をしていました。

怒られる=自分はダメな子だと言われているようで、

とても深く傷ついてしまうんですよね・・

母親に褒められると、とっても嬉しい分、

怒られると絶望的な気持ちになっていました。

「いい子」でいないと、自分の存在価値がないような・・・そんな風に思っていた時もありました。

存在価値が高くないと、ここにいてはいけないような気がして、まわりからの自分の評価に、とても敏感でした。

怒られる=存在価値が低いってことで、怒られるのが本当に恐怖だったのかなと思います。

スポンサーリンク

HSCの育児 音に敏感で怒られるのが嫌いな子への声かけに注意!体験談

音に敏感で、怒られるのが大嫌いだった私ですが、音に敏感だということは、子供の頃は気づいていなくて、自分は普通だと思っていました。

大きな声の人が苦手だったことから、私自身は、おそらく人より話す声が小さかったと思います。

両親からは「声が小さい」とよく言われていましたが、両親以外の人からはあまり言われなかったので、お父さんとお母さんの耳が遠い、と思っていました。

そう思っていたこともあって、親から「声が小さい」と言われても、あまり改善しなかったので、両親もイライラしてきたんでしょうね。

私の声が小さいと感じる度に、

「また声が小さい・・・」
「何言ってるか分からない・・」

などつぶやくようになりました。

そんな些細な一言でも、めちゃめちゃ傷つきました・・・

さすがに傷ついたので、自分なりに声を出すようにしたんですけど、

もう両親が私の事を「声が小さい子」というイメージを定着させてしまっていたので、

いくら声を出してしゃべっても、呆れた顔をされていました。

(おそらく、私の声は小さいだけでなく、「通らない声」でもあったから、聞き取りづらかったんだと思います・・)

それで、母親が、私がしゃべって、声が聞こえない度に

「えっ???」

って聞き返すんですよ。

呆れた顔して。

その声が、本当に本当に嫌で傷つきました・・・

ほぼ毎回、しゃべる度に言われるので、

もうしゃべるのが嫌になって、学生の頃は、親とあまりしゃべっていません。

親は、私が、やる気がなくて、大きな声を出すのが面倒だから、いつもいつも小さい声でしゃべっている、と思っていたと思います。

でも、私は、大きな声をだす努力をしていましたし、やる気がなかったわけでもありません。

それなのに呆れ顔をされるので、

とーーーーーっても傷つきました。

もうあの

「えっ???」

を聞くのが恐怖でなりません。

大人になった今でも聞いたら、ドキドキしてしまいます。

HSCだった私にとって、たった1文字の言葉でも、お母さんから言われると

かなりの破壊力がありました。

もうしゃべりたくないって思うほどに・・・

繊細すぎますよね。

でも、子供の頃は、お母さんの存在って大きくて、

大好きだからこそ傷ついてしまったんだと思います。

私は、この経験を活かして、HSCである娘には、どんなに聞き取りづらくても

「えっ???」

と聞き返さないようにしています・・・

HSCの育児 音に敏感で怒られるのが嫌いな子への声かけに注意!体験談―おわりに―

大人になった今思えば、本当に些細なことでも、子供の頃には大きな事のように感じることってあります。

私の娘もHSCですが、本当に小さい事でもすぐに泣くし、すぐに傷つきます。

その分、すぐに笑いますが・・・

HSPの私は、HSCの娘の気持ちが分かり過ぎて、甘くなりすぎてしまうこともあるので、気を付けたいと思います。

でも、絶対に「えっ???」とは言いません・・・(けっこう傷は根深いです・・)


★ このブログの順位はコチラ↓応援していただけたら嬉しいです!


人気ブログランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする